サブスクリプションとは何なのか?

今では多くの人が利用しているアマゾン・プライムや、Netflixなどが採用しているサブスクリプションの仕組みですが、そもそもどういう意味なのでしょうか?英語ではsubscriptionと表記していて、直訳すると購読予約といった意味があります。身近な例で言えば、Youtubeのチャンネル登録を英語ではsubscriptionと表現しています。日本では、このサブスクリプションの意味は定額制という意味合いで広く知られるようになっています。実際に、海外でもIT業界を代表に定額制の意味合いでsubscriptionという言葉を利用しています。

サブスクリプションとSaaS

サブスクリプションという言葉が広まる背景として、買い切り型のソフトウェアサービスが次々と定額制のサービスへ変貌しているということがあります。大きな例でいうと、フォトショップなどで有名なアドビの製品は以前はパッケージ型で販売されていましたが、2011年より定額制のサブスクリプション型へ移行しました。この変化が功を奏し、アドビは大きく成長を遂げることになりました。

後を追うように、マイクロソフトもワードやエクセルなどを含めたサービス群をOffice365としてサブスクリプション方式で提供するようになっています。マイクロソフトやアドビのように、ビジネス向けの用途でIT業界はサブスクリプション型を採用する企業が多くなりました。これらのソフトウェアのことをビジネス業界ではSaaS(サース、Software as a Service)と呼び、広く浸透しています。

サブスクリプションを採用するメリット

では、なぜこれほど事業者側がサブスクリプション型を採用するようになったのでしょうか?まずサブスクリプション型のメリットとして、売上の試算が会員者数などから簡単にできるようになります。そのため、売上からどれ位の割合を事業投資や広告に割くのかといった計画が立てやすくなります。

さらに、パッケージ型では利用者からすると二の足を踏むような高額な商品だったとしても、月額課金制であればその障壁を下げることができるようになります。結果として利用者数の向上などにも貢献します。

また利用者のデータを継続して取得できるようにもなります。AIなどの技術が本格的に用いられるようになった今では、このデータは大きな資産となっています。このデータを用いて、どのような属性のユーザーがどのような使い方をしているのかといったことが判るようになります。そこからサービスの改善へつなげていくことが可能になります。

 

カテゴリ一覧

最新更新サービス

日経ビジネス電子版

日経ビジネス電子版の評判と口コミ、料金

日経ビジネス電子版とは?日経ビジネス電子版とは、日経BPが発行している週...

デリバリートランク

デリバリートランクとは?評判と口コミ、比較情報

デリバリートランクとは?デリバリートランクとは、株式会社丸山エンジニア...

Klassy

宅配型トランクルームKlassyの評判と口コミ

Klassyとは?Klassy(クラッシィ)とは、クラッシィ株式会社が提供している...

ものくる

宅配型トランクルームのものくるとは?評判と口コミ、比較情報

ものくるとは?ものくるとは、株式会社ものくるが提供している宅配型のトラ...

MEDULLA

MEDULLA(メデュラ)とは?評判と口コミ、解約方法

MEDULLAとは?MEDULLA(メデュラ)とは、2018年5月より株式会社Spartyが提...

カラリス

パーソナライズヘアカラーのカラリスとは?評判と口コミ

カラリスとは?カラリスとは、株式会社ストークメディエーションが2019年9...

mixx

オーダーメイドシャンプーmixx(ミクス)の評判と口コミ、料金

mixxとは?mixx(ミクス)とは、株式会社FAVOが2018年10月より提供している...

My BOTANIST

My BOTANIST(マイボタニスト)とは?評判と口コミ、価格

My BOTANISTとは?My BOTANIST(マイボタニスト)とは、株式会社I-neが提供...

朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルの評判と口コミ、料金

朝日新聞デジタルとは?朝日新聞デジタルとは、朝日新聞の記事をスマホやPC...

risoco

利創庫(risoco)とは?評判と口コミ、比較情報

利創庫とは?利創庫(risoco・リソコ)とは、阪神電気鉄道株式会社100%子会...