Rakuten UN-LIMIT VI

3.0 / 5
[ ]

Rakuten UN-LIMIT VIとは?

3大キャリアの独占状態だった携帯電話市場に、満を持して参入した楽天モバイル。サービス提供開始から、大手よりも圧倒的に安いプランでシェアを拡大していましたが、2020年に3大キャリアそれぞれが格安プランを打ち出してきました。

それに対抗するために、楽天モバイルは従来のプランである「Rakuten UN-LIMIT V」を一新し、さまざまな要望に応えられる「Rakuten UN-LIMIT VI」の提供を、2021年4月から開始することを発表しています。

Rakuten UN-LIMIT VIは、携帯電話をほとんど利用しないライトユーザーから、毎月速度制限がかかるようなヘビーユーザーまで、どのようなタイプの人でもお得に使えるプランです。

もっと携帯電話をお得に使いたいという人は、ぜひRakuten UN-LIMIT VIをチェックしてみてください。

Rakuten UN-LIMIT VIの特徴

衝撃の1回線目0円

Rakuten UN-LIMIT VIの大きな特徴は、月間データ使用量が1GB以下の場合は基本料金が0円になることです。

2回線目からは1GB以下でも980円かかりますが、1回線分でも無料になるのは、かなりお得ではないでしょうか。

なお、データ通信量は楽天モバイルの自社回線、パートナー回線、海外ローミングのすべての通信量を合計した値で判断されます。

楽天モバイルの自社回線の通信量のみ1GB以下に抑えても、基本料金は0円にはならないので注意しましょう。

どんな使い方の人でもお得

大手3大キャリアが打ち出した格安プランは、それぞれ月間データ容量が20GBと横並びで、月々のデータ使用量が少なめな方のなかでは「そんなに使わない」という意見もありました。

しかし、Rakuten UN-LIMIT VIは「1GB以下」「1~3GBまで」「3~20GBまで」「20GB超」と段階的に金額が変わっていくため、データ使用量が少ない方でも料金がお得になります。

20GBを超えても料金一律

Rakuten UN-LIMIT VIには、20GB以上は料金一律という大きなメリットもあります。

大手キャリアが打ち出した格安プランは、月間データ使用量が20GBを超えると、1GBずつ追加購入しなくてはなりません。

一方、Rakuten UN-LIMIT VIは、20GBを超えてもずっと料金一律で、無制限でデータ通信が使用できます。

毎月のデータ使用量が膨大なヘビーユーザーでも、かなり携帯電話料金が抑えられるようになるでしょう。

パートナー回線での接続に注意

楽天モバイルは自社回線エリアがほかのキャリアに比べて少なく、自社回線エリア外ではパートナー回線に接続されます。

パートナー回線に接続している場合、高速回線が使えるのは5GBまで、5GB超過後は1Mbpsに速度制限がかかるため注意が必要です。

今接続しているのが楽天モバイルの自社回線なのかパートナー回線なのかは、Android版「my 楽天モバイル」アプリから確認できます。

2021年1月時点ではほかに接続先を確認する手段はなく、サービスエリアマップを確認するか、データ残量量が消費されているかどうかで判断するしかありません。

300万名まで1年無料

楽天モバイルは先着300万名限定で、「Rakuten UN-LIMIT」か「Rakuten UN-LIMIT V」を契約した場合に、開通日から1年間、プラン料金やユニバーサルサービス料が無料になるキャンペーンを開催しています。

上記のプランに加入している人は、2021年4月1日に自動的にRakuten UN-LIMIT VIにアップグレードされるため、移行手続きなどを行う必要はありません。

アップグレードされても、変更前のプラン契約時に設定された期日が変更されることはなく、期日満了までRakuten UN-LIMIT VIを無料で使えます。

300万名に達するか、楽天モバイルの判断によっては早めにキャンペーンが終了される可能性があるため、Rakuten UN-LIMIT VIが気になっている方は早めに手続きを済ませましょう。

そのほかにも無料提供されるサービスがある

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMITのプラン以外にも無料提供されているサービスがたくさんあります。

  • 5G通信無料(一部エリアのみ、拡大予定)
  • 契約事務手数料無料
  • SIM交換・再発行手数料無料
  • MNP転出手数料無料
  • 契約解除料無料
  • Rakuten UN-LIMIT V申し込みでひかり回線1年無料

このように他社では有料のサービスが無料で、2年縛りなどの解約の制限もありません。携帯電話利用者が持っていた不満の多くがフォローされています。

アプリ利用で国内通話かけ放題

Rakuten UN-LIMIT VIでは、「Rakuten Linkアプリ」を使えば国内通話も無料でかけ放題です。

ほかのキャリアのように「5分以内無料」のような縛りもありません。Rakuten Linkアプリを使っていない人や固定電話への通話も無料です。

さらに、Rakuten Linkアプリ経由であればSMSも無料、グループチャットも無料で使えます。

ただし、一部無料通話対象外の通話があり、アプリ未使用時は30秒20円の通話料が発生するので注意しましょう。

オフラインでも店舗でも手続き可能

大手3大キャリアの新プランは、料金が格安であるかわりに、申し込みの手続きや各種サポートがすべてオンラインのみとされています。

そのため、オンライン手続きが苦手な人にとってはハードルが高いのですが、Rakuten UN-LIMIT VIはオンラインでも楽天モバイルの店舗でも手続き可能です。

楽天モバイルはほかのキャリアと比べて店舗が少ないのですが、オンライン手続きがむずかしいという方は、近隣に店舗がないかを探してみましょう。

楽天モバイル回線エリアは拡大予定

楽天モバイルは自社回線エリアがまだまだ少ないため、実際に20GB以上の高速通信を使える人は限られています。

しかし、自社回線エリアは常時拡大中なので、これから楽天モバイル回線を使える人も増えてくるでしょう。今後に期待して、1年間無料で利用できるうちに加入を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天スーパーポイント+1倍

楽天モバイルに加入すると、楽天市場などの利用でもらえる楽天スーパーポイントが+1倍にアップします。楽天スーパーポイントを貯めている方は、楽天モバイルに変更するとお得ですよ。

Rakuten UN-LIMIT VIの料金とプラン

Rakuten UN-LIMIT VIのプランは「Rakuten UN-LIMIT VI」1種類のみで、その月のデータ使用量に応じて料金が変動します。

  • データ使用料0~1GB以下:1回線目0円・2回線目以降980円
  • データ使用料1GB超え3GB以下:月額980円
  • データ使用料3GB超え20GB以下:月額1,980円
  • データ使用料20GB超過:月額2,980円

ずっとWi-Fiに接続し続けていた、スマートフォンをほとんど使わなかったなどでデータ通信を利用しなければ、基本料金無料です。

また、20GBを超過して、どれだけデータ通信を使用しても料金は2,980円と一律なので、動画の視聴などでかなりの容量を使う人でも携帯電話料金が抑えられます。

Rakuten UN-LIMIT VIの支払い方法

Rakuten UN-LIMIT VIの支払い方法は発表されていませんが、Rakuten UN-LIMIT V に加入している人が自動で移行されることを考えると、Rakuten UN-LIMIT Vと同じ支払い方法になる可能性は高いでしょう。

Rakuten UN-LIMIT Vの支払い方法は、以下のいずれかから選択できます。

  • クレジットカード決済
  • デビットカード決済
  • 口座振替
  • 楽天ポイント払い

「楽天カードでクレジットカード決済」にすると、Rakuten UN-LIMIT Vの料金の支払いでも、支払い額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

また、楽天モバイルで端末を購入した場合にも、分割手数料無料で48回払いができるので、楽天カードを持っている方は、楽天カードで支払うのがおすすめです。

Rakuten UN-LIMIT VIの申込方法

Rakuten UN-LIMIT VIは2021年1月時点では、直接申し込みはできません。

楽天モバイルの店舗かオンライン手続きでRakuten UN-LIMIT Vに加入し、4月1日に自動でRakuten UN-LIMIT VIに移行するのを待つことになります。

Rakuten UN-LIMIT VIの解約・退会方法

Rakuten UN-LIMIT VIはリリース前のサービスであるため、解約や退会方法は発表されていません。楽天モバイルの発表を待ちましょう。

もっと読む...

Rakuten UN-LIMIT VIの口コミ(0)