映像や音楽など、様々な分野のサービスが月額課金制のサブスクリプションへ置き換わっていますが、家具もその例外ではありません。日本でもいくつかの家具のサブスクリプションサービスが登場しているので、このページで紹介していきます。

subsclife(サブスクライフ)

ssubsclife(サブスクライフ)とは、月額500円から人気のブランド家具やオリジナルの家具をレンタルできるサービスで、株式会社subsclifeが2018年の9月にスタートさせました。国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を手掛ける株式会社サイバーエージェントの新オフィスAbema Towersにも同サービスが利用されています。オフィスに合うレイアウトから家具選びまでを検討する負担が大きいケースや、おしゃれな家具を配置していけれど購入費用が高い場合などに役立つでしょう。

取り扱う家具・家電の種類は5万点としていて、ブランドの数は61に及びます。利用期間は3ヶ月から24ヶ月までとなっていて、必要な期間に必要な数だけ新品のデザイン家具をレンタルできます。そのまま継続して借り続けられるだけでなく購入することも可能です。家具のレンタルはWEB上から受け付けていて、好きな家具を選択してから期間を指定します。

家具単品だけではなく、“subsclife for room”というライフスタイルに合わせてコーディネートされたセットもあり、1人暮らし用や2人暮らし用などが用意されています。家具以外にもコーヒーメーカーや加湿器などの電化製品、小鉢や大鉢の観葉植物などもレンタルできます。インテリアグリーンに関しては毎週出張でメンテナンスしてもらえます。

料金は月額500円からで、最低利用家具数は1個となっています。料金は家具の種類ごとに異なり、一人用チェアは月額980円~、テーブルセットが月額4,550円~、ソファが月額7,210円~などのように設定されています。支払方法はクレジットカードに対応し、VisaやJCB、Dinersなどを利用可能です。火災や台風、大雨などの災害だけでなく、取り扱い不注意による破損に対しても、同社が修理に対応しています。

ssubsclifeの特徴

家具の導入を検討するときに、どの家具をレンタルすべきか悩んでしまうこともあるでしょう。subsclifeでは、家具選びをコーディネーターに無料で相談することも可能で、要望に応じた空間づくりをサポートしてもらえます。相談を申し込む場合は、具体的に提案してもらえるように、ホームページから必要事項を入力して送信します。

必要事項は、会社名、氏名、電話番号、メールアドレスなどの基本情報のほか、家具の利用期間、導入スペースの利用人数規模、予算、納品希望時期などです。通常は内容が確認され次第、2~5営業日で連絡をもらえるようになっています。ただし、申し込みには審査があり、決済事業者の審査結果によってはサービスを利用できないケースもあります。

airRoom(エアルーム)

airRoom(エアルーム)とは、国内・海外のブランド家具をレンタルできるサブスクリプションサービスです。「家具選びに悩むあなたにワンランク上の暮らしを」というテーマを掲げて株式会社Elalyが運営しています。2018年7月に開始したサービスで、数千種類のデザイン家具からレンタルできます。家具のジャンルは、ソファーや照明、カーペット、インテリア雑貨、机、ベッドなどです。

家具のレンタルは全てWEB上で一つから受け付けており、レンタル期間は最短3か月としています。返却期限がないので、元から自分が保有している家具のように利用できるでしょう。プロがコーディネートしたセットをレンタルできるほか、 LINE@を通してコーディネートを無料で相談することもできます。通常の使用範囲内であれば家具が破損しても修理費用を負担する必要はありません。故意による破損や再利用不能などの場合、返送料が発生するケースがあります。

料金は月額500円からで、商品ごとに金額が異なります。配送や組み立て、返却は無料です。レンタルした家具が気に入れば購入することも可能なので、長く愛用できる家具との出会いもあるかもしれません。もちろん交換することもできるため、気軽に模様替えできます。支払方法はクレジットカードです。

airRoomの特徴

airRoomであれば、月額500円から利用できるので、購入するよりも初期費用を抑えられます。一時的な単身赴任や転勤が発生したケースに余計な家具を購入しなくて済むのはメリットです。また、不要な家具の無料処分にも対応しているので、引っ越しの際に合わせて依頼するのもおすすめです。

法人も利用できるサービスも提供していて、問い合わせフォームから受け付けています。オフィス移転の初期費用を抑えられるほか、デザイン家具をオフィスに置くことで社員のモチベーションを高めたり、企業のイメージを向上させたりすることもできるでしょう。日常のシチュエーションに応じて家具をレンタルできるのがairRoomの魅力といえます。

airRoom
sabusuku.net
3.0 / 5 airRoomのサイトへ行く

CLAS(クラス)

CLAS(クラス)とは、ライフステージに応じて家具や家電をレンタルできるサブスクリプションサービスです。「暮らすを自由に軽やかに」とのテーマを掲げ、株式会社クラスが2018年の8月より提供しています。代表取締役である久保裕丈氏は、Amazonプライム・ビデオの番組「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラーとして話題になりました。

取り扱っている家具の種類は、ソファやベッド、カーテン、観葉植物、テレビ台などです。家具のレンタルは全てWEB上で行い、注文から返却までスマホから手続きすることができます。借りられる家具は、新品の場合もあれば、リフレッシュを施したセカンドハンド品となる場合もあるようです。

CLASでは月額で400円から家具をレンタルでき、商品ごとに金額が異なります。たとえば、一人掛け用のマルチユニットソファが月額2,200円~、ペンダントランプが1,100円~などのように設定されています。料金は2年目以降では50%、3年目以降では80%割引されます。

通常利用の範囲内であれば、汚れや傷がついたとしても、追加料金が発生しません。レンタルだからと気を遣うことなく家具を利用できます。最低レンタル期間は3か月です。3か月未満の返却には、残りの期間に相当する料金が発生するので注意してください。支払方法はクレジットカードに対応しており、Master Card、JCB、American Expressなどを利用できます。

CLASの特徴

CLASは、レンタルしたい家具の詳細を確認しやすいように配慮しています。ホームページでレンタルしたい家具をクリックすると、家具の利用シーンがわかる画像が表示されます。実際の利用シーンを見ることで、家具を活用するイメージも定まってくることでしょう。家具の取り扱いに関する注意事項まで細かく記載されているので、適切な使い方がわかるのも親切です。

また、CLASは家具だけでなく家電も豊富に取り扱っている点も特徴です。洗濯機には、ドラム式に対応した機器や大手家電メーカーによる機器があります。キッチン家電には、水道工事不要の食器洗い乾燥機や、比較的短時間でごはんがふっくら炊き上がる電気圧力鍋などがあります。

そのほかのジャンルとして、テレビ、掃除機、冷蔵庫なども揃っています。これらの電化製品は、家具とともに毎日の暮らしを快適にしてくれることでしょう。

CLAS
sabusuku.net
4.3 / 5 CLASのサイトへ行く

flect(フレクト)

flect(フレクト)は、大手通販会社の株式会社ディノス・セシールが運営している家具のサブスクリプションサービスです。家具の種類は、ソファー、テーブル、本棚、キッチン関連などがあります。中には子供用家具を取り扱っているので、お子さんがいるご家庭の方も利用を検討できます。家具のレンタルはWEB上で対応しており、借りられる家具は全て新品です。利用期間は最大36か月で、有料期間(24か月)と無料期間(12か月)に分かれています。

最初に商品価格の15%を申込金として支払い、その後、毎月商品価格の3.5%を支払います。借り始めてから24ヶ月以降は、その後の12ヶ月間を無料で借り続けることも可能です。気に入らなかった場合は返却でき、気に入った場合は買い取ることもできます。実物を見ないで家具を購入するのが不安である方に適したサービスといえるでしょう。

買い取りする場合は、すでに支払った月額利用料金と申込金が買取価格に充当されます。日常利用で傷などがついてしまっても、返却が可能です。24ヶ月経過していなくても家具を返却できますが、手数料がかかってしまいます。支払方法はクレジットカードです。デビットカードや口座引き落とし、振り込みには対応していません。

flectの特徴

flectでは、単品の家具だけをレンタルしているわけではありません。複数の家具でコーディネートされたセットもレンタルしています。

通常、複数の家具を購入すると数十万円の費用がかかるケースもありますが、コーディネートセットをレンタルすれば、費用を月額2万円前後の価格におさえつつ購入・返却を検討できます。有料レンタル期間の途中でも返却できるので、贅沢な空間を気軽に楽しむことが可能です。

ちなみに、ホームページでは家具でコーディネートした部屋と商品を動画で確認することが可能です。画像よりも家具を利用するイメージが湧きやすくなっています。気に入ったセットがあれば、思い切ってレンタルしてみてはいかがでしょう。

flect
sabusuku.net
3.0 / 5 flectのサイトへ行く

Kaggレンタル

Kaggレンタルは、2018年8月にスタートしたオフィス家具のサブスクリプションサービスです。オフィス家具の通信販売サイト「Kagg.jp」を運営している47インキュベーション株式会社が、「オフィス家具をもっと自由に。」というテーマを掲げてサービスを提供しています。1都3県限定のサービスで、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県が対象です。

取り扱っている商品は10万点以上に及んでいて、UCHIDA、KOKUYO、PLUS、Herman Miller(ハーマンミラー)など、国内・海外の代表的なメーカーの正規品も幅広く揃っています。家具のレンタルは全てWEB上で行っており、借りられるオフィス家具は全て新品です。新しい家具を取り入れることでオフィスに新鮮な風を吹き込むことができるでしょう。

最低利用期限も存在せず、家具が不要になったときは返却できます。2年間継続してレンタルした場合は家具を入手でき、レンタル期間中に買い取ることも可能です。レンタルの方法はシンプルです。「Kagg.jp」のホームページでレンタル対象の家具を選択し、「レンタルする」ボタンをクリックします。その後、フォームに必要事項を記入して送信するだけです。引き続きスタッフが料金の支払いや配送日時の調整などについてサポートしてくれます。

月額990円(税抜)からレンタルすることが可能です。送料も無料となっており、1か月分の月額料金以外に一切費用がかかりません。支払方法はクレジットカードと銀行振込から選択可能です。ただし、個人の場合はクレジットカードのみに対応しています。

Kaggレンタルの特徴

Kaggレンタルを運営する47インキュベーションは、オフィス家具に関するオンラインコーディネートサービスの「Kaggコンシェル」もスタートしています。

専任の家具コンシェルジュが家具の選び方についてチャットで相談を受け付けているほか、コーディネートも無料で行っています。素人では難しい商品選びやレイアウト設計なども担当し、好みに近いデザインを適切なサイズで提供してくれます。もちろん、対象商品はKaggレンタルでも利用可能です。

また、Kaggレンタルでは、商品ページにメーカー公式ホームページのリンクを配置しています。レンタル対象の家具を同社のホームページ以外でも確認できるので、商品の詳細を正確に把握しやすいのが便利です。Kaggレンタルには、オフィスに適した家具を快適に見つけられる環境が整っています。

Kagg
sabusuku.net
3.5 / 5 Kaggのサイトへ行く

STYLICS(スタイリクス)

STYLICSは、レンタルも可能なインテリアコーディネートショップです。インテリア産業協会の正会員である株式会社フォー・ディー・コーポレーションが運営しています。王様のブランチやモーニングバード、読売新聞、SUUMOマガジンなど、メディアによって幅広く紹介された実績があります。

家具は、国内外の代表的なブランド7万点からレンタルできます。ジャンルは、ソファ、食器棚、ベッド、ナイトテーブル、テレビボードなどさまざまです。数十万円するインテリアを月額一万円以下の金額でレンタルすることも可能です。

商品選びを専任コーディネーターに無料で相談でき、家具だけでなく照明やオーダーカーテンまでトータルで提案してもらえます。直接話しながら質問できるのはもちろん、オンライン3Dシミュレーションにも対応。オンラインショップで掲載されていないアイテムを選択することも可能です。

レンタルの最低利用期間は2年間で、2年経過後は1か月ごとに返却と買取を選択できます。最低利用料金は月額1,000円~で、複数商品の組み合わせと単体のどちらでも利用可能です。初期費用は銀行振込、毎月の支払いは自動引落に対応しています。オンラインショップの申し込みを除いてカード決済は利用できません。

STYLICSの特徴

STYLICSでレンタルできる家具は、いずれも質が高いだけでなく新品です。しかし、汚れや傷がついた場合に補修費が発生すると困る方もいることでしょう。その点STYLICSでは、通常の生活で発生する細かい擦り傷や汚れなどの補修費はかかりません。とはいえ、傷や汚れの状態が限度を超えてしまうこともありえます。そのケースに対応できるよう「あんしん保証制度」も用意しています。

この制度に加入すれば、子供の落書きやペットのかみ跡、大きな破損など、本来補修費用がかかるケースでも費用を支払う必要がなくなり、コーディネートしてもらった家具を安心して利用できるでしょう。ちなみに、制度に加入する場合、レンタル商品総額の3%相当額が発生します。

STYLICS
sabusuku.net
3.0 / 5 STYLICSのサイトへ行く

良品計画 月額定額サービス

良品計画 月額定額サービスとは、無印良品で有名な株式会社良品計画が2020年7月より提供している家具のサブスクリプションサービスです。無印良品とIDEEの家具をレンタルすることができます。家具は「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」というテーマでセット化されており、シチュエーションに応じた製品をまとめてレンタルできるのが魅力的です。セット内容の家具としては、ランドチェアや折りたたみテーブル、羽根まくら、ポケットコイルマットレス、ソファなどで構成されています。

レンタルの契約は年単位で、1年から4年のプランがあります。各プランの期間が満了すると、「解約・返却」「契約延長」を選択できるほか、買取手数料を支払って家具の利用を継続することも可能です。

料金プランは、「寝る」セットが1,200円と1,900円の2プラン、「学ぶ/働く」セットが800円と900円の2プラン、「くつろぐ」セットが5,500円と7,000円の2プランです。プランによって家具の構成が異なっています。初回のみ配送料がかかるほか、家具の組み立てを希望する場合は、別途費用が発生することもあります。

サービスを利用できる店舗は、「無印良品 銀座」「無印良品 錦糸町パルコ」「無印良品 グランフロント大阪」「無印良品 イオンモール堺北花田」「無印良品 京都山科」「無印良品 名鉄名古屋百貨店」「MUJI キャナルシティ博多」です。

良品計画 月額定額サービスの特徴

無印良品の家具レンタルサブスク開始にともない、「プチリノベーション」と「くらしの相談会」の展開も拡大することになりました。

プチリノベーションでは、簡単にコンパクトなホームオフィスを作れるプランを提供しています。具体的には、木製の間仕切り壁で半個室をつくるプランと、部屋の余白に応じてデスクと壁面収納をサイズオーダーでつくるプランがあります。

くらしの相談会については、オンラインで無印良品45店舗に所属する115名のインテリアアドバイザーに家具の悩みを相談できます。家具のレンタルサービスと併用すれば、毎日の暮らしが快適になることでしょう。

最新記事

最新更新サービス

WEEKLY FLOWER

お花の定期便のWEEKLY FLOWERとは? 評判と口コミ、特徴について

WEEKLY FLOWERとは?WEEKLY FLOWER(ウィークリー フラワー)とは、BIONIC...

読み放題プレミアム by ブック放題

Yahoo!の読み放題プレミアムとは?評判と口コミ、料金や解約方法について

読み放題プレミアム by ブック放題とは?読み放題プレミアム by ブック放題...

Deezer HiFi

Deezer HiFiとは?評判と口コミ、料金や曲数・サービス詳細について

Deezer HiFiとは?Deezer HiFi(ディーザー ハイファイ)とは、フランスのD...

GooPass

カメラレンタル GooPassの口コミと評判、解約方法

GooPassとは?GooPass(グーパス)は、カメラブ株式会社が2018年から提供して...

mora qualitas

mora qualitas(モーラクオリタス)とは?評判と口コミ、レビューと曲数について

mora qualitasとは?mora qualitas(モーラクオリタス)とは、株式会社ソニ...

カテゴリ一覧