映像や、音楽といったカテゴリでは当たり前になってきたサブスクリプションサービス(サブスク)ですが、住宅という分野でも登場し始めています。ソフトバンクが巨額の投資をしたインドのOYOも、日本に上陸し話題となっています。この記事では現在利用できる3つの住宅のサブスクリプションサービスを紹介します。

OYO LIFE

OYO LIFE(オヨ ライフ)は、インド初の住宅サブスクリプションサービスです。気になっている街に一定期間生活してみたり、季節に合わせて生活環境を変えたりするなど、新しい暮らし方が可能になっています。OYOはインドのホテルベンチャーで、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したことでも話題になりました。OYO LIFEは、OYO Japan合同会社により提供されています

OYO LIFEは、敷金・礼金・仲介手数料が不要で、すぐに入居できます。契約はスマートフォンだけで完了し、家具もはじめから用意されています。光熱費やWi-fiは月額で払う料金の中に含まれているため、支払手続きが分散しないで済むのがメリットです。東京区内を中心に1,000部屋以上を提供していて、価格相場は月額3万5,000円~となっています。

家賃や共益費のほかに予約手数料15,400円、清掃費35,200円が発生します。短期滞在の場合は割高になってしまうことがありますが、光熱費などを含めたランニングコストとして考えると利点は多くあるのかもしれません。

支払方法はクレジットカードや電子マネーに対応しています。お部屋探しのコンシェルジュも在籍しており、希望の期間や価格によっておすすめの部屋を紹介してくれます。新生活を送りたい方は気軽に相談してみるとよいでしょう。

OYO LIFEの特徴

OYO LIFEではサービスの利用に関してのサポートが充実しているのが特徴です。たとえばホームページでは、入居者が気になる点について細かい対応が記載されています。

入居案内メールが届かないケース、郵便・宅配ボックスが見当たらないケース、部屋のオートロックが開かないケースなど、シチュエーションはさまざまです。エアコン本体のトラブルやWi-Fiの速度が遅い場合にも問い合わせを受け付けています。

入居開始や入居中だけでなく、契約や退去に関する回答まであるので、サービスの利用開始から終了まで、終始一貫として問題を解決しやすいでしょう。このようにOYO LIFEでは新生活を安心して送れる仕組みが整っています。

OYO LIFE
sabusuku.net
4.2 / 5

HafH

HafH(ハフ)は、好きな時に好きな場所で働ける住宅サブスクリプションサービスです。「世界を広げる、働き方を。」というテーマを掲げ、株式会社KabuK Styleが提供しています。

国内外に約200箇所の施設を持っていて、HafHに加入するとそれらを自由に使い放題できます。海外は東南アジアをメインとし、アフリカにも施設があります。外国人と気軽に触れ合える施設や写真映えする施設などもあり、異文化を体感するのにはうってつけでしょう。

プランは滞在日数や利用形態に応じて複数用意されています。「ちょっとHahH」は月額1,6000円で5泊、「ときどきHahH」は月額32,000円で10泊、「いつもHahH」は月額82,000円で1ヶ月、「おためしHahH」は月額3,000円で2泊となり、いずれも税込価格です。利用可能日数が余った場合は翌月に持ち越せないので注意しましょう。

一時的に休会したい場合は、毎月課金されない「おやすみHafH」プランに変更することが可能です。そのほか、住宅としての利用のみならず、コワーキングスペースとして利用するプランもあります。勉強や読書をする空間を確保したい方にもおすすめです。支払方法はクレジットカードに対応しています。

HahHの特徴

HafHは海外に多くの拠点を持っているので、日本から離れた異国の地で暮らせる点が特徴です。施設はHafHが所有している拠点をはじめ、シェアハウスを借りている拠点、ホテルと契約を結んでいる拠点などがあります。全施設がWi-Fi完備なので、通信環境に困ることもありません。

基本は同室に複数のベッドがあるドミトリータイプを採用しています。HafH Coinを活用することで、個室を利用することも可能です。HafH Coinはプランの利用状況によって蓄積される仕組みになっています。

ただ、海外の施設で生活することに不安を覚える方もいるかもしれません。その点、HafHスタッフが実際に泊まり、オーナーと話し合ったうえで施設を選定しているので安心でしょう。

HafH
sabusuku.net
4.3 / 5

ADDress

ADDress(アドレス)は、株式会社アドレスが提供している住宅のサブスクリプションサービスです。フジテレビや朝日新聞、東洋経済ONLINEなどのメディアで紹介された実績があります。

同社が提供している日本各地50件以上の物件に住むことが可能です。住める場所は地方の都市が多く、別荘や住宅などを借りたり譲り受けたりして拠点にしています。

Wi-Fiをはじめ寝具、キッチン、調理器具、洗濯機などが完備されています。生活の基盤が整えられているので、気軽に住居を変えられる点が魅力的です。移動回数にも制限がないため、全国各地を巡る暮らしを気軽に楽しめます。都心に自分の家があり、セカンドハウスとしての利用を検討している方にもピッタリでしょう。

利用方法はとても簡単です。まず、利用したい場所と日時から拠点を検索・選択します。次に、カレンダーから空き室を確認し、予約リクエストを送信します。すると、48時間以内に家守から予約完了メールが届きます。その後、予約した家に行くだけで新生活をスタートできます。

料金は月額4万円~となっています。料金には電気代・水道代・ガス代が含まれており、敷金・礼金・補償金などの初期費用もかかりません。支払方法はクレジットカードに対応しています。

ADDressの特徴

ADDressは、さまざまな目的で住まいを選択できるのが特徴です。フリーランスの方であれば、コワーキングスペースとしてリモートワークに活用できます。週末に地方の自然豊かな環境でアウトドアを楽しめるのがメリットです。都会にはない環境でリフレッシュすれば、仕事の生産性を高めることができるでしょう。

定年退職者の方であれば、日本各地を旅するのにも活用できます。数日間の旅行とは違って一定期間地方で暮らせるので、地域独自の文化や風景をじっくりと堪能できます。観光地を問わず住まいを選択できるので、老後に穏やかなひと時を過ごせるに違いありません。

ただ、新しい環境の楽しみ方が具体的に思い浮かばないこともあるでしょう。その点、ADDressの物件は地域の住人が管理者として担当についていおり、地域交流やローカル体験に関する情報を提供してくれます。ADDressであれば、新生活を心行くまで楽しめるに違いありません。

ADDress
sabusuku.net
2.0 / 5

最新記事

最新更新サービス

COLORIA

COLORIA(カラリア)とは?評判と口コミ、料金と解約方法について

COLORIAとは?COLORIA(カラリア)とは、株式会社High Linkが提供している...

キリンホームタップ

キリンホームタップとは?評判と口コミ、料金や解約方法について

キリンホームタップとは?キリンホームタップ(KIRIN Home Tap)とは、キリ...

コミックシーモア

コミックシーモアとは?評判と口コミ、読み放題や解約方法について

コミックシーモアとは?コミックシーモアとは、NTTグループの西日本電信電...

霽れと褻

霽れと褻(ハレとケ)とは?お花の定期便の評判と口コミ

霽れと褻とは?霽れと褻(ハレとケ)とは、株式会社BOTANICが提供している...

ハナノヒ

お花の定額アプリ 日比谷花壇のハナノヒとは?評判と口コミ、解約方法

ハナノヒとは?ハナノヒとは、「花のある暮らしをつくる楽しみ」を提案する...

カテゴリ一覧