コスモスマートビークル

3.0 / 5
[ コスパ - | 車種 - | おすすめ - | サービス - ]
定額制の車のサブスク&カーリースおすすめ12選を比較【2020年版】

2019年の2月より、トヨタ自動車がKINTO(キント)という車のサブスクリプションサービスの提供を開始し始め、サブスクリプションの波が自動車業界にもやってきています。これまでも、カーリースという形で月額で好きな車に乗ることができるサービスは複数存在していましたが、モビリティサービスの盛り上がりや、自動車メーカー自身もサービスの提供を開始し始め、さらなる期待がされているサービス群と言えるでしょう。

sabusuku.net

コスモMyカーリースとは?

コスモMyカーリースは、コスモ石油が運営している車のサブスクリプションサービスです。いわゆる個人向けカーリースで、車種やグレード、オプションを設定した新車に月額料金だけで乗ることができます。

自動車にかかる税金や車検費用・メンテナンス費用なども月額料金に含まれているので、定期的に高額な出費に悩まされることもありません。

ガソリン割引など、ほかのカーリースにはないコスモ石油ならではのサービスが受けられるのも魅力です。

自動車にかかる負担を抑えたい、気軽に自動車に乗りたいという人にはおすすめのサービスですよ。

コスモMyカーリースの特徴

月額・定額料金で新車に乗れる

コスモMyカーリースの大きな特徴は、月額・定額料金で新車に乗れることです。

自動車を購入するときには頭金が必要になることがありますが、コスモMyカーリースは頭金不要なので、まとまった資金が用意できなくても問題ありません。

また、月々の支払い額は新車価格から「予定残存価格(予定残価)」を差し引いた金額によって設定されるため、自動車ローンなどを組んで分割払いするよりも安く抑えられます。

「貯金がないけど自動車が欲しい」「自動車にかかる月々のコストを一定にしたい」という人におすすめのサービスです。

予定残存価格とは?

予定残存価格とは、「モノを一定期間使用したあとに残るであろう価値」のことです。たとえば、10年契約で自動車をリースしたとします。

この場合の予定残価は、「10年経過後に自動車を下取りに出した場合の下取り額」です。現時点では100%その下取り額になるとは言い切れないため、「予定」残存価格とされています。

車両価格300万円、10年後の下取り価格が100万円の自動車を購入するとして考えてみましょう。(取得にかかる諸費用などは含めず)

通常であれば、300万円全額を分割払いする必要があるので、仮に5年(60回)で支払うとしたら毎月5万円程度は払っていかなくてはなりません。

しかし、カーリースの場合は車両価格から残存価格を引いた200万円を支払っていくため、月々の支払い額が3万円程度に抑えられます。

レンタカーとの違い

カーリースとレンタカーの違いが、いまいちわからないという人もいるのではないでしょうか。カーリースとレンタカーは自動車を借りるという点は共通していますが、以下の点が大きく異なります。

レンタカー

・車種やグレード、オプション装備などはレンタカー会社が設定しているものの中から選ぶ

・数日~数週間程度の短期レンタルが基本

・車検証上の使用者・所有者はともにレンタカー会社になる

・ナンバーが「わ」ナンバーになる

カーリース

・車種やグレード、オプション装備などは契約者が選択する

・年単位の長期レンタルが基本

・車検証上の使用者は契約者、所有者はリース会社になる

・自分でナンバーを決められる(「わ」ナンバーにならない)

自分で購入した自動車と同じように使える、というのがカーリースの魅力です。ただし、走行距離などに制限が設けられていることがあるので、規約をよく確認しておきましょう。

税金やメンテナンス代込み

コスモMyカーリースでは、月々の支払い額に以下の費用も含まれています。

  • 車検・メンテナンス(タイヤ・バッテリー・その他消耗品交換含む)
  • 税金諸費用
  • ロードサービス

自分で自動車を購入すると、これらの費用に対応するために貯金をしておく必要がありますが、コスモMyカーリースであればこうした費用に悩まされることがありません。

なお、契約するプランによっては上記の費用が月額料金に含まれないことがあるので、プランの内容をよく確認しておきましょう。

自分で車種を選べる

レンタカーを借りるときには、レンタカー会社が所有している自動車のなかから自動車を選びます。プランによっては、「軽自動車」「ハイブリッドカー」など、自動車のジャンルしか選択できないこともあるでしょう。

一方、コスモMyカーリースでは、すべての国産メーカーの、全車種から好きな自動車を選べます。グレードやオプション装備の選択も可能です。(一部取り扱い不可の車種あり)

年単位でリースするのに、自分の好みではない自動車に乗らなくてはならないとしたらちょっと辛いですが、自分の好きな自動車を選べるので安心です。

電気自動車や福祉車両の取り扱いもあるので、こうした車種を必要としている人も、コスモMyカーリースのサイトで探してみましょう。

サイトに掲載されていない場合でも、フリーダイヤルか近隣のSS(サービスステーション)に問い合わせれば、希望の車種が見つかる可能性があります。

オプション装備も選択可能

コスモMyカーリースでは、自動車のオプション装備も自分で選べます。カーナビやETCはもちろん、メーカー・ディーラーオプションはすべて装着できるので、オプション装備を充実させたい人でも満足できるでしょう。

契約期間を都合に合わせられる

コスモMyカーリースでは、契約期間を36ヶ月~84ヶ月の間で選択できます。「子どもが産まれたら自動車を乗り換えたいので36ヶ月契約」「同じ自動車に乗り続けたいので84ヶ月契約」など、都合に合わせやすいでしょう。

場合によっては36ヶ月以下での契約もできることがあるので、短期間のリースを希望する人はコスモMyカーリースに相談してみてください。

契約満了時に4パターンから選択できる

コスモMyカーリースでは、契約満了時に以下の4パターンから自動車の取り扱いを選べます。

  • 乗り換え
  • 再リース
  • 買い取り
  • 返却

各パターンの詳細について、以下で解説していきます。なお、契約内容によっては選択肢が限定されることがあるため、前もってどの選択肢があるのかを確認しておきましょう。

乗り換え

乗り換えとは、これまでリースしていた自動車をコスモMyカーリースに返却し、新たな自動車をリースすることです。

定期的に自動車を乗り換えたい人や、ライフスタイルに合わせて自動車を変更したい人に向いています。

再リース

再リースとは、これまでリースしていた自動車で再契約を行い、同じ自動車に乗り続けることです。

「自動車が気に入ったけど、自動車にかかるコストを一定にしたいので買い取りはしたくない」という人は、再リースを選ぶと良いでしょう。

買い取り

買い取りとは、これまでリースしていた自動車を買い取り、自動車の所有者になることです。

リースしていた自動車が気に入った、自分のものにしたいという人は、買い取りを選ぶと良いでしょう。なお、買い取りの際には以下のような費用を支払う必要があります。

  • 契約時に設定された「設定残存価格」と契約満了時の自動車の査定額の差額
  • 取得にかかわる税金や諸費用
  • 継続車検費用

毎月月額料金を支払っていても、無料で自動車が引き取れるわけではないので注意が必要です。

返却

返却とは、乗り換えや再リース、買い取りなどをせずに、コスモMyカーリースに自動車を返すことです。自動車が使えなくなるので、今後の移動手段を考えておく必要があります。

試乗ができることも

カーリースでは契約後にディーラーに自動車を発注するため、契約前の試乗不可ということがあります。

しかし、コスモMyカーリースなら一部試乗に対応しているSSがあるので、事前に試乗できる可能性があります。

自動車に試乗してみて契約を決めたいという場合は、最寄りのSSが試乗に対応しているかチェックしてみましょう。

ガソリン割引あり

コスモ石油が運営しているコスモMyカーリースには、全国のコスモ石油サービスステーションでガソリン代が割引になる「燃料油割引」がついています。

対象となるのは、以下のいずれかのカードでガソリン代を支払った人で、現金払いでは適用されないので注意しましょう。

  • コスモ・ザ・カード(ハウス/オーパス)
  • プロカード(S)
  • コーポレートカード

清算時に割引料金になるのではなく、1ヶ月分のガソリン使用量(上限100リットル)に対して、翌々月の請求書にてキャッシュバックというシステムになっています。

自動車に乗る機会が多い人にとっては、うれしい特典ではないでしょうか。

コスモMyカーリースの注意点

連帯保証人が必要になることがある

コスモMyカーリースでは、新社会人や専業主婦、無職、未成年などが契約者となる場合には、連帯保証人が必要になることがあります。

あらかじめ家族にカーリースを利用することと、連帯保証人が必要になる可能性があることを伝えて、了承を得てから契約に進みましょう。

走行距離の制限あり

コスモMyカーリースでは、契約時に以下のいずれかから月間走行距離を設定する必要があります。

  • 500km/月(6,000km/年)
  • 1,000km/月(12,000km/年)
  • 1,500km/月(18,000km/年)

上記の走行距離を超過してしまった場合は、契約満了で自動車を返却する際に超過分の清算を求められることがあるので、走行距離には注意が必要です。

とはいえ、15km先の車で30分ほどかかる職場に月20日通勤したとしても、走行距離は合計600kmです。

よほど自動車の利用が多い人でもない限り、ほかに買い物や旅行などに行ったとしても、1ヶ月1,500kmを超えることはそうそうないでしょう。

納車に時間がかかることも

コスモMyカーリースでは、契約完了から納車までの期間が自動車によって異なります。急ぎの場合は即納車情報に掲載されている自動車や、最短2週間で納車可能な自動車から選ぶと良いでしょう。

オプションも返却する必要がある

長期間自動車をリースしている間に、より便利なオプション装備を見つけて自費で購入することがあるかもしれません。

このようなときに、コスモMyカーリースで契約したオプション装備を処分しないよう注意してください。オプション装備は契約満了時に自動車と一緒に返却する必要があります。

改造や塗装変更は原則不可

コスモMyカーリースでリースしている自動車は、改造や塗装変更が原則不可とされています。

自費で購入したオプション装備を後付けすることは認められていますが、契約満了で自動車を返却する際には原状回復を求められるので、穴を開けたり強力な接着剤で貼りつけたりといった行為は避けましょう。

コスモMyカーリースの料金とプラン

コスモMyカーリースの料金

コスモMyカーリースの料金は、以下の条件によって異なります。

  • 車種
  • グレード
  • オプション装備の有無
  • 希望ナンバーの有無
  • リース期間
  • 走行距離
  • 頭金・ボーナス払いの有無
  • メンテナンスパックの有無

同じ車種であっても、選んだグレードやオプション装備などで月額料金が変わってくるので、具体的な料金についてはコスモMyカーリースの各車両の詳細ページで確認してみてください。

メンテナンスパックの詳細

コスモMyカーリースでは3種類のメンテナンスパックが用意されており、どのメンテナンスパックを選ぶかによって、月額料金に含まれる税金やメンテナンス費用が変わります。各パックの詳細を見てみましょう。

ホワイトパック

ホワイトパックは、以下の費用のみ月額料金に含まれるパックです。

  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税

希望すれば、自賠責保険の保険料と重量税を上記に追加することが可能です。また、特典としてコスモ石油でのガソリン代が、1リットルあたり2円割り引かれます。

月額料金をできるだけ安く抑えたい人、車検やメンテナンスは自分の希望するところに依頼したいという人におすすめです。

シルバーパック

シルバーパックは、以下の費用が月額料金に含まれるパックです。

  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税
  • 重量税(車検時)
  • 自賠責保険(車検時)
  • 車両整備
  • 法定点検
  • 定期点検
  • オイル交換

税金や車検、点検など、自動車を所有していると必要になる基本的な費用が含まれているので、自動車にかかるコストを抑えたい人にぴったりです。

また、コスモ石油でのガソリン代が1リットルあたり6円割り引きになる特典もついています。

ゴールドパック

ゴールドパックは、以下の費用が月額料金に含まれるパックです。

  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税
  • 重量税(車検時)
  • 自賠責保険(車検時)
  • 車両整備
  • 法定点検
  • 定期点検
  • オイル交換
  • タイヤ交換
  • ブレーキパッド交換
  • バッテリー交換
  • ワイパーゴム交換
  • エアコンフィルター交換
  • その他消耗品交換
  • ロードサービス

シルバーパックの内容に加え、バッテリーやワイパーゴムなどの各種消耗品のメンテナンス・交換やロードサービスまで含まれるフルサービスのパックです。

すべての費用がコミコミで、リース期間中の自動車にかかるコストを一定にできるため、支出を管理しやすいというメリットがあります。

さらにコスモ石油でのガソリン代が、1リットルあたり6円割り引きになる特典もついているので、ガソリン代を節約することも可能です。

コスモMyカーリースの支払い方法

コスモMyカーリースの支払い方法は、口座振替のみとなっています。クレジットカードなどは、原則使用不可です。

頭金やボーナス払いにも対応していますが、これらの費用は現金振り込みとなっています。(法人がボーナス払い不可です)

コスモMyカーリースの申込方法

コスモMyカーリースの申込方法

コスモMyカーリースを利用したい場合は、以下の流れで申し込みと契約を行いましょう。

  1. コスモMyカーリースのサイトにアクセスする
  2. 希望の車種やプランを選択し、お試し見積もりを依頼する
  3. 見積もりの内容に問題がなければ、審査を申し込む
  4. 審査を通過したら「カーライフコンシェルジュ」からメールか電話で申し込み内容の確認連絡が来るので、問題がなければ申し込みに合意する
  5. 契約書が郵送されてくるので、署名・捺印して返送する

これで申し込みと契約は完了です。返送した契約書がコスモMyカーリースに届いたら内容を確認後、ディーラーに自動車が発注されます。

続いてディーラーから車両登録に必要な書類一式が届くので、必要事項を記入、必要書類を添付して返送しましょう。返送した書類に問題がなければ、納車の日時調整が行われ、希望日に自動車が納車されます。

申し込み後に車種や条件変更はできる?

コスモMyカーリースでは、契約完了前であれば車種や条件などを変更することが可能です。

ただし、変更後の見積もり金額が、変更前の見積もり金額よりも増える場合は再度審査が行われるため、当初の予定よりも納車が遅れる可能性があるので注意しましょう。

場合によっては審査落ちになり、利用不可になる可能性がある点にも注意が必要です。

また、契約期間中は契約内容の変更ができないので、何年リースするか、車種はどうするかなど、じっくりと検討したうえで契約内容を決定しましょう。

コスモMyカーリースの解約方法

コスモMyカーリースのリース期間中に解約する必要が出た場合には、カーライフコンシェルジュに連絡を入れると解約手続きについて案内してもらえます。なお、中途解約をした場合は、中途解約金が発注する点に注意が必要です。

もっと読む...

コスモスマートビークルの口コミ(0)

コスモスマートビークルの特徴

運営会社 コスモ石油マーケティング株式会社
会員数 50,000台(2018年6月)
ブランド 国内8ブランド
車種 軽自動車
コンパクト
セダン・ハッチバック
SUV・クロカン
ミニバン・ステーションワゴン
商用車・その他
料金とプラン めんくるパック
メンテナンスパック
ゴールドパック
シルバーパック
ホワイトパック

料金は
月々の予算、メンテナンスパック、車両タイプ、メーカー、車名、燃費、契約条件によって異なる
最低利用期間 3年
新車or中古 新車
税金 自動車税などは含まれる
保険 ゴールドパック・シルバーパックには自賠責保険が含まれる

ホワイトパックは自賠責保険なし
メンテナンス ゴールドパック
車検整備、定期点検、オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換、その他消耗品交換、ワイパー、ブレーキパッド、etc …

シルバーパック
車検整備、定期点検、オイル交換

ホワイトパック
自己負担
車の買取 買取プラン(オープンエンド契約)あり
お買い取りの場合は設定残存価格および取得に関わる税金諸費用、継続車検費用等が別途必要
車の譲渡 なし
支払い方法 口座振替

類似サービス

サービス比較